カメラ

DP2 Merrillのフードキャップを作る

前の更新がいつだったかなどと考えずに記事を投稿(^^;

DP2 Merrillを買いました。画質はすごいです。撮ってると突然電池が減り始めます(笑) そんなカメラのよくできたレンズフードですが、標準でキャップが用意されていないのがちょっとモニョモニョ…。

てなわけで作ってみました。

7641397380_d6861f8ee3_c

67mmのレンズキャップの上下を、55mm程度になるように切っただけです(笑)

7641394572_313e141997_c

付けてみるとこんな感じです。隙間が空いちゃいますね。まあでも、これでいいや(笑) カバンにしまう時の、気分的な効果はあるかと思われます(^^;

レンズキャップの切断にはレザーソーを使いましたが、工作をしない人にはこのくらいでも厳しいのかな? ただ今回のような工作は、フードやカメラには一切傷をつけたり接着剤か何かを付けたりということはしないので、道具さえあれば気楽にできるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEX-5Nとヘリコイド付きLeicaMマウントアダプター(2)

結構この関連で検索される方が多いですね。

6205680987_e92f9716aa_b

そういう方が懸念されることに、『では無限遠でピントは合うのか』というのがあると思います。上の画像は、ヘリコイドアダプターを付けたマクロエルマー90mmF4の、絞り開放で撮影したものです。一応大丈夫ではないかと思います。オーバーインフにもならず、きっちり止まった所で無限遠になります。

画像をクリックすると拡大しますが、オリジナルの画像はFlickrにアップしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEX-5Nとヘリコイド付きLeicaMマウントアダプター

NEX-5Nを予約して買ったのに、EVFが欠品していてまだ入手できず、もやもやした思いを抱いている今日この頃w そんな中、どこかで商品化してくれないかなーと思っていた、NEX-LeicaMマウントのヘリコイド付きアダプターが発売されたので入手しました。

Nex5n_001

台湾の"HAWK'S FACTORY"製のこのアダプターはeBayで入手することができます。現物は作りも良く精度も高そうです。まずはズミクロン50mmをくっつけてみました。不精してUV/IRカットフィルター付けっぱなし(^^;

Nex5n_002

全長15cmほどの模型機関車を撮影してみます。元のレンズの最短撮影距離は70cmで、この程度の収まり。あ、なんか結構寄れてるように見えるなぁ。この模型、Nゲージなどに比べるとかなり大きいんですよね。

Nex5n_003_2

まあそれでも、レンズの最短からアダプターのヘリコイドを一杯に伸ばすと、このくらいまで寄れるようになります。大体30cm程まで近付いていると思います。寄っても結構素直なボケですね、ズミクロン。

Nex5n_004_3

別のレンズも付けちゃうぞというわけで、よりによってウルトラワイドヘリアー12mmを持って来ましたw Lマウントの旧製品の方なので元々30cmまで寄れますが、更にレンズの影が入る程寄ることができます。実際にはこの画像よりも寄れますが、そうするとレンズの影が画面の半分くらいになってしまうので、とりあえずこの画像で勘弁(^^;

世間(どこの?w)ではGXRのMマウントユニットで盛り上がっているようですが、個人的にはこの組み合わせが最強だと思ってます。何気にNEX-5Nになって、マウントアダプターでの広角レンズ使用時の、画面周辺の色カブリも改善されている様子ですし。

…EVF早く入荷しないかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BORGのNEX用カメラマウント

やっと発売されました。

早速マイクロフォーサーズのカメラでやったことを再現。焦点距離の換算量がマイクロフォーサーズより少ないのはいいですね。

Borg_apo_rodagon

Rodenstockの引き伸ばしレンズ、Apo-Rodagon 50mmF2.8をボーグのM42ヘリコイドを介して装着。ヘリコイド付属の固定リングを付けると無限が出なくなるので外しました。引き伸ばしレンズなので換算画角とかあまり関係ないですが、このレンズ自体は35mmフルサイズを十分カバーするイメージサークルを持っていますね。

Apo_rodagon_nyanko

カメラマウントの厚みがマイクロフォーサーズのものより厚くなっているため、以前使用したもっと伸びるヘリコイドが使えませんでした。そのため最短でも30~40cmくらいまでしか寄れません。まあ、長く伸びるヘリコイドや中間リングを使えばもっと寄れますが、無限遠から撮影できる組み合わせということでこうなっています。

Borg_septon

デッケルマウントのVogtlander Septon 50mm F2.0に、デッケル-M42アダプターとM42ヘリコイドSの組み合わせ。このSeptonは最短撮影距離が90cmなので、こうやって最短を稼ごうという作戦。

Septon_nyanko_001

最短40-50cmで、普通の50mmレンズくらいですね。

Septon_nyanko_002

あまり寄れてないようですが、元々の最短90cmではいちばん寄ってもこんなもんです。

昔のレンズには最短撮影距離が長いものが多いので、アダプターにヘリコイドが組み込まれていると結構便利に使えると思います。そういった意味ではBORG万歳というか。でも今回のNEXマウントはもう少し薄く作って欲しかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEX-5にアクセサリーシューを付ける

SONY NEXの16mmレンズ用のファインダーFDA-SV1は、ファインダー本体とカメラへの取付部とに分解できます。ファインダーを抜くと、取付部は一般的な形状のアクセサリーシューになっています。

製品を見るとそのままファインダーが抜けそうですが、実際やってみると動きません。これは取り付け部分の中に入っている板ばね状のパーツが、ファインダーをロックするようになっているからです。

分解は取付部を組み立てているネジを外して行ないますが、クッション部品の下に隠しネジがあったりしてちょっとまごついたりなんかして。

Nex_shoe_01

分解してファインダーを抜いたら再組み立てですが、この際クリック用の板バネを伸ばすなどして効かないようにしておかないと、似た様な形状のフォクトレンダーのファインダーをシューに挿入するとクリックロックがかかって抜けなくなります。私も一度12mm専用ファインダーを作りかけました。

Nex_shoe_02

これでNEX用のアクセサリーシューが手に入りましたが、ホットシューではないのでクリップオンストロボは当然使えません。単にアクセサリーシューを手に入れると考えると非常に高価ですので、一緒にフルサイズ24mmレンズ相当の画角のファインダーが手に入ったと思い込むようにします。NEX以外では、ウルトラワイドヘリアーをマイクロフォーサーズのカメラに付けたときに使えるかな(笑)

しかしこれ、将来取付部のパーツだけ発売されたりして…。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

REX to NEX

なんだかマイクロフォーサーズの時の遊びを繰り返している感がありますが、NEX-5にKIPON製アダプターをかませて、コンタレックスマウントのPlanar 50mm F2を装着しました。

Nex_rex_001

怪しい光学実験機器(笑) NEX-5はフルサイズセンサーではないので、元の画角より狭くなってしまいますが、まだフォーサーズよりは広い範囲が写ります。レンズの改造をしなければ、レンズ交換式デジカメでは、この組み合わせがコンタレックスのレンズを最も広い画角で使えるものとなります。

Planar50_01

絞り開放で撮影。最短撮影距離が約30cmなので、かなりストレスなく寄って撮影できます。

Planar50_02

ちゃんと無限遠も出てます。

おまけ

Nex_12mm_001

超広角レンズも何とか超広角のまま使えます。旧型のウルトラワイドヘリアーは最短撮影距離が30cmなのが良いです。NEX-5とのバランスも良く、このレンズを付けっぱなしにして超広角専用サブカメラとして使うのも面白いかも。

Ultrawideheliar12

眩しくて何も見えずに撮りました(笑) 上と同じ場所です。太陽がまともに入ってるのですが、ゴーストは出ますがフレアっぽくないですね。

おまけのおまけ

ついでに同じ場所で、前エントリーのペンF用ズイコーレンズでも撮影しました。RJ Camera製のアダプターはオーバーインフに作ってあるので、今回のような逆光の状況では無限遠に合わせるのに一苦労。

Zuiko38

38mmF1.8

Zuiko25

25mmF4 画面には入ってませんがこの右側に太陽がありまして、目が眩んだ状態で撮影しております、と画面が曲がった言い訳。

撮影条件が条件なだけに、どのレンズもf11くらいまで絞って撮影したのですが、ウルトラワイドヘリアー以外は結構古いレンズなのに、意外としっかり写ってますね。

今はBORGからNEXのカメラマウントが出てくれるのを心待ちにしています(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある意味こっちの方が…

Nex_penf_001

RJ Camera製 NEX-PenFレンズアダプターでズイコー38mmF1.8を装着したNEX-5。オリジナルのPenFで使うのと画角がほぼ変わらないので、オリンパスのマイクロフォーサーズ機よりデジタルPenFだったりして。

Nex_penf_002

最短撮影距離は35cmです。NEX純正でもこのくらいの焦点距離と明るさの単焦点レンズが出てくれるとありがたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揃い踏み

3dlens

こんな感じで各フォーマットに対応してます。52mm径のPLフィルターなどの回転する枠を使っていて、先端に各種コンバージョンレンズなどをねじ込むことが出来ます。

ちなみに、この3Dレンズ揃い踏みを撮影したカメラは3D対応ではないという罠。加えて接写も苦手(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マクロ用ライト

Gh1_light_2

なんか大げさ(^^; 動画でも使えるかとLEDライトにしたのですが、光量はやはりそれなりですね。小型のストロボを並べるほうがいいかも。とはいえ、このライトにはカメラブラケット(ライトが乗ってるやつ)が付属なので、ちょっとお得な感じが(笑)

Wrench

開いたアゴの幅が10mm程度のモンキーレンチと三脚ネジ。上のライトを使い、ISO400 f8で、1/50秒が切れました。

Eos_flash

実際のところ、ある程度の距離まではこちらの方がきれいに撮れます(^^;

Flower

こんな感じでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相殺・その2

改めて見ると、字面が物騒だな~(^^;

プリズムに入る像を逆方向に歪ませればいいのだろうと、光学用品メーカーから凹レンズを買ってプリズムの前にくっつけました。

Stereoadapter

40.5mm径のプロテクトフィルターのガラスを外してレンズを入れて、アダプター先端のフィルターネジに取り付けたところ、フィルター枠によるケラレが出てしまったので、ネジの内側に直接レンズを両面テープの小片で貼り付けるという荒業に出ました(^^; レンズ保護と他のフィルターなどを取り付けられるように、46-49mmのステップアップリングを削って、アダプター外枠に叩き込んで固定しました(これも荒っぽいな~)。

909030_01

上は元のアダプターで撮影した場合の画像です。

909030_02

こちらが凹レンズを取り付けたアダプターで撮影したものです。

メーカーのオンラインショップにあった一番度の弱いレンズでしたが、画面の端は真っ直ぐかわずかに樽型に振れるくらいの補正がされました。画面中心部の補正は不十分ですが、レンズの度を強くすると、これは近視用眼鏡レンズと同じですから、最短撮影距離が伸びてしまうのですね。今のレンズでも40~50cm位になってしまって、ちょっとマクロと言うには遠い感じです。画質もシャープ感がなくなってるような気がします。

909030_03

なんだこれ(笑) 不可解な私の部屋の様子ですが、箱状のものを撮影すると、必ず曲がりを修正していたので、このくらい真っすぐだと助かります。

よく見ると色収差が発生していますね。光学メーカーのコーティングもされているレンズですが、単レンズなので仕方のないところかもしれません。

クローズアップレンズを付けると最短撮影距離は縮まりますが、プリズム、凹レンズ、凸レンズと重ねると、画質低下が気になるかも。直線的な被写体を撮影するのでなければ、気にせずそのまま使うほうがいいのかもしれません。

909030_04

物は試しと薄い単玉のクローズアップレンズを付けたところ、若干色収差が低減されたような気がしないでもありません(^^;

909030_05

静止画の場合は左右を別々に切り出して修正を加えたり出来ますが、動画ではそうもいかないので、画質低下はあっても、これはこれで有効性があるのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧