« DMC-GH2とマイクロフォーサーズ用3Dレンズ(その3) | トップページ | HDR-TG1ステレオリグ »

BORGのNEX用カメラマウント

やっと発売されました。

早速マイクロフォーサーズのカメラでやったことを再現。焦点距離の換算量がマイクロフォーサーズより少ないのはいいですね。

Borg_apo_rodagon

Rodenstockの引き伸ばしレンズ、Apo-Rodagon 50mmF2.8をボーグのM42ヘリコイドを介して装着。ヘリコイド付属の固定リングを付けると無限が出なくなるので外しました。引き伸ばしレンズなので換算画角とかあまり関係ないですが、このレンズ自体は35mmフルサイズを十分カバーするイメージサークルを持っていますね。

Apo_rodagon_nyanko

カメラマウントの厚みがマイクロフォーサーズのものより厚くなっているため、以前使用したもっと伸びるヘリコイドが使えませんでした。そのため最短でも30~40cmくらいまでしか寄れません。まあ、長く伸びるヘリコイドや中間リングを使えばもっと寄れますが、無限遠から撮影できる組み合わせということでこうなっています。

Borg_septon

デッケルマウントのVogtlander Septon 50mm F2.0に、デッケル-M42アダプターとM42ヘリコイドSの組み合わせ。このSeptonは最短撮影距離が90cmなので、こうやって最短を稼ごうという作戦。

Septon_nyanko_001

最短40-50cmで、普通の50mmレンズくらいですね。

Septon_nyanko_002

あまり寄れてないようですが、元々の最短90cmではいちばん寄ってもこんなもんです。

昔のレンズには最短撮影距離が長いものが多いので、アダプターにヘリコイドが組み込まれていると結構便利に使えると思います。そういった意味ではBORG万歳というか。でも今回のNEXマウントはもう少し薄く作って欲しかったかな。

|

« DMC-GH2とマイクロフォーサーズ用3Dレンズ(その3) | トップページ | HDR-TG1ステレオリグ »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175701/49994127

この記事へのトラックバック一覧です: BORGのNEX用カメラマウント:

« DMC-GH2とマイクロフォーサーズ用3Dレンズ(その3) | トップページ | HDR-TG1ステレオリグ »