« ある意味こっちの方が… | トップページ | NEX-5にアクセサリーシューを付ける »

REX to NEX

なんだかマイクロフォーサーズの時の遊びを繰り返している感がありますが、NEX-5にKIPON製アダプターをかませて、コンタレックスマウントのPlanar 50mm F2を装着しました。

Nex_rex_001

怪しい光学実験機器(笑) NEX-5はフルサイズセンサーではないので、元の画角より狭くなってしまいますが、まだフォーサーズよりは広い範囲が写ります。レンズの改造をしなければ、レンズ交換式デジカメでは、この組み合わせがコンタレックスのレンズを最も広い画角で使えるものとなります。

Planar50_01

絞り開放で撮影。最短撮影距離が約30cmなので、かなりストレスなく寄って撮影できます。

Planar50_02

ちゃんと無限遠も出てます。

おまけ

Nex_12mm_001

超広角レンズも何とか超広角のまま使えます。旧型のウルトラワイドヘリアーは最短撮影距離が30cmなのが良いです。NEX-5とのバランスも良く、このレンズを付けっぱなしにして超広角専用サブカメラとして使うのも面白いかも。

Ultrawideheliar12

眩しくて何も見えずに撮りました(笑) 上と同じ場所です。太陽がまともに入ってるのですが、ゴーストは出ますがフレアっぽくないですね。

おまけのおまけ

ついでに同じ場所で、前エントリーのペンF用ズイコーレンズでも撮影しました。RJ Camera製のアダプターはオーバーインフに作ってあるので、今回のような逆光の状況では無限遠に合わせるのに一苦労。

Zuiko38

38mmF1.8

Zuiko25

25mmF4 画面には入ってませんがこの右側に太陽がありまして、目が眩んだ状態で撮影しております、と画面が曲がった言い訳。

撮影条件が条件なだけに、どのレンズもf11くらいまで絞って撮影したのですが、ウルトラワイドヘリアー以外は結構古いレンズなのに、意外としっかり写ってますね。

今はBORGからNEXのカメラマウントが出てくれるのを心待ちにしています(笑)

|

« ある意味こっちの方が… | トップページ | NEX-5にアクセサリーシューを付ける »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175701/49063197

この記事へのトラックバック一覧です: REX to NEX:

« ある意味こっちの方が… | トップページ | NEX-5にアクセサリーシューを付ける »