« 仕切り板 | トップページ | ある意味こっちの方が… »

魚眼コンバーター

Img_1133

3Dレンズに中古で買った魚眼コンバーターを装着した画像です。単にマクロレンズに魚眼コンバーターが付いたようにしか見えませんね。

Bc3_05

お馴染みのバッカスIII世号を撮るとこんな感じです。劇中の雰囲気に近くなりました。色収差はこんなものですが、動画だとスチルよりは目立たなくなるかもしれません。以前使った魚露目8号より、周辺の像の流れなどは小さいです。

Bc3_06

魚眼コンバーターなしで撮ると、同じものとは思えない程見た目が違います。

撮影範囲もかなり広くなりますが、部屋の写真を撮ったところ、見せたくないものが大量に写り込んだので、そちらは非公開です。

|

« 仕切り板 | トップページ | ある意味こっちの方が… »

ステレオ写真」カテゴリの記事

コメント

魚眼コンバーターを付けた時の色ズレはコンバーターのせいでしょうか?私の場合は逆にコンバーターで色ズレが減る幸運があったりしました。最近の映像はその幸運?のもの(レイノックスHD5050PRO、0.5倍)で撮っています。

投稿: サンデー | 2010年6月28日 (月) 23時26分

サンデーさん

色ズレは魚眼コンバーターによるものです。レンズ単体では殆ど目立たないくらいの量です。

以前使っていたレンズなら、色ズレなど相殺されるかもしれません。しかし現在のレンズは画角が狭いものの、色ズレが少ないだけでなく解像度も高いので、もう以前のレンズを使ってみようという気にはならないですね。

投稿: もへ | 2010年6月29日 (火) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175701/48741390

この記事へのトラックバック一覧です: 魚眼コンバーター:

« 仕切り板 | トップページ | ある意味こっちの方が… »