« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

仕切り板

前回のエントリーの結果から、左右の仕切りの長さを単純に伸ばせは、絞りを開けた状態でもセパレーションがはっきりするのではないかと考え、3Dレンズの前に取り付ける仕切り板を作りました。

100525_001

なんかみすぼらしいですね(^^; 金属板から切り出した仕切りを黒く塗って、回転枠に接着しただけです。元アドベン3Dフィルターだった回転枠ですが、色々実験に使われてボロボロであります。

100525_002

上の画像での撮影レンズの絞りはf5.6ですが、まあ及第点かなという感じのセパレーションになっています。3Dレンズの性能を考えるともう少し絞り込んだほうがいいのですが、とりあえず使えるのは便利です。

100525_003

仕切り板がない場合、f5.6ではこのような感じになります。

仕切りの長さを伸ばした場合でも、3Dレンズを二枚重ねした時と同様、絞り込むと仕切り部分の幅が広くなります。しかし今回のは絞り込む時には外せばいいので大丈夫。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3Dレンズ二枚重ね

3Dレンズはその前にワイドコンバーターなどを取り付けられるのですが、ふと3Dレンズの上に更に3Dレンズを重ねれば撮影範囲が広がるんじゃないかと思い、実行してみました。

100520_001

上の画像は3Dレンズ単独の画像です。これにもう一枚3Dレンズを重ねて、同じ距離から撮影しました。

100520_002

ご覧の通り、撮影範囲が広がりました。3Dレンズの合成焦点距離が短くなったのですね。同時に画像の拡大率が下がったので、撮影レンズとエクステンションチューブの組み合わせも短いものとなりました。

100520_003

レンズの厚みが増えたような形になり、左右レンズの仕切りが長くなったためか、あまり絞らなくても左右の画像の重なりが少なめになります。上の画像の絞り値はf5.6です。しかしながら、単レンズの生成画像を撮影しているので、絞りを開いた状態では画質の低下があります。。

100520_004

今まで通りf11まで絞るとだいぶ良くなりますが、中央部の仕切りの幅が大きくなってしまいますね。

100520_005

ちなみに最短撮影距離に近いと、撮影レンズの絞り開放(このレンズではf2.8)でもこの程度のオーバーラップで済みます。画像はアマアマですけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

EOS 5D Mark IIでの3Dレンズ使用による画像

Conure_008

EOS 5D Mark II SIGMA70mmF2.8 DG MACRO ケンコー製1.4倍テレコン使用(合成焦点距離98mm) 絞りf16 シャッター速度1/30秒 ISO1600 外部ストロボ使用 ステレオフォトメーカーによる位置調整あり

データ書きが長いですね。 

フルサイズの場合、APS-Cより撮影倍率を上げないと3Dレンズの作る像をきちんと収められないのですが、撮影レンズに接写リングを組み合わせるだけでは、レンズ全長がかなり長くなってしまいます。そこでテレコンを組み合わせて、撮影倍率のアップと最短撮影距離の短縮を図りました。1.4倍のテレコンを使うと、APS-Cのカメラで使っていた3Dレンズと撮影レンズとの組み合わせとほぼ同じ組み合わせが、フルサイズのカメラでも使えることになります。

ただ、撮影倍率が上がるということは被写界深度も浅くなるわけでして、左右画像のオーバーラップの解消のための絞り込みも大きくしなければならないようです。マイクロフォーサーズのカメラではf8~9でまあ使える感じになりましたが、APS-Cではf11、フルサイズではf16まで絞らないと実用的な重なりにならないようです。

Conure_013

例によってFlickrに何枚かアップしましたので、どんなものかご覧いただければと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

DMC-GH1による3D動画

GH1で撮影した3D動画です。今回はステレオムービーメーカーで位置調整した後、アスペクト比が16:9になるようトリミング、最終的にHDサイズ(1280×720ピクセル)に仕上げました。

今回はカモ二羽。つがいかな? 

またまた池の水と、今回は風が強かったので木の枝が揺れる様子も撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS Kiss X4による3D動画

スチルと同時にムービーも撮影しました。

風切り音が入ってしまいました。

下の動画はもっと音が酷いので、音楽に差し替えてあります。

ステレオベースが狭いので、そこはかとない立体感ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なにげにEOS Kiss X4の外撮りデビュー

100509_024

EOS Kiss X4 50mmF2.5マクロに3Dレンズ  絞りf11 シャッター速度1/125秒 露出補正+2/3 ISO1600

前回のマイクロフォーサーズのカメラに比べEOS Kiss X4は高感度ノイズが少ないので、絞りをf11で固定し、ISOオートでストロボを使わずに撮影しました。カットによってはISO3200まで上がっています。

100509_001

絞りf11 シャッター速度1/100秒 ISO2500

撮影枚数が多くなったので、上の画像をはじめ25枚をFlickrにアップしました。オリジナルサイズ(位置調整はしている)で見ることもできますので、ノイズの出方などを確かめることも出来ると思います。

最近のブログエントリーにあるステレオ画像もオリジナルサイズでアップしてありますので、宜しければご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウトドアデビュー(笑)

これまでほぼインドアでの使用だった3Dレンズを外に持ち出しました。カメラはパナソニックのDMC-GF1に45mmマクロです。他のフォーマットに比べて高感度特性では劣りますが、レンズの焦点距離が短いからか、3Dレンズの画面中央のオーバーラップ部分を消すための絞込みが少なくて済むのは魅力。小型軽量なのもありがたいです。

100506_001

タケノコが生えてました。これだけ伸びてると食べられませんね。長さは十数cmです。

45mmF2.8マクロに3Dレンズ 絞りf11、シャッター速度1/50秒、ISO400

続きを読む "アウトドアデビュー(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »