« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

飛び出したり引っ込んだりするフォトン

ズアカウロコインコのフォトンの立体動画を撮ってみました。

撮影に使用したカメラはGH1。前半2カットは、3Dレンズを装着した45mmマクロレンズ、後半2カットは、ツァイスのステレオプリズムを装着した14-45mmズームレンズを使用しました。位置調整などはしておりませんので、場合によっては見にくいこともあるかと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

揃い踏み

3dlens

こんな感じで各フォーマットに対応してます。52mm径のPLフィルターなどの回転する枠を使っていて、先端に各種コンバージョンレンズなどをねじ込むことが出来ます。

ちなみに、この3Dレンズ揃い踏みを撮影したカメラは3D対応ではないという罠。加えて接写も苦手(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まったりフォトン

GH1で撮影したフルHD動画を無加工でアップしてみました。

録画時間は3分半ほどの、ファイルサイズが400メガバイト弱の動画をアップするのに約70分。視聴可能になるまでには、さらに数時間かかりました。

飼ってるズアカウロコインコがのそのそしているだけの動画ですので、飼い主か、よほどのインコ好きでないと途中で挫折すると思われます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tools

全てLUMIX GH1に3Dレンズを装着した LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mmF2.8 で撮影。f9.0 ISO800 絞り優先オート。

Tools_01

Tools_02

Tools_03

Tools_04

Tools_05

| | コメント (5) | トラックバック (0)

3Dレンズ試行錯誤(14)

以前の試作品の枠などを流用し、3Dレンズの最新版が出来ました。

EOS Kiss X4 に何種類かの撮影レンズとの組み合わせをご覧ください。

St_lens_001

EF50mmF2.5 COMPACT-MACRO & LIFE-SIZE CONVERTER EF + KENKO UNIPLUS TUBE 25mm

St_lens_002

にょき

SIGMA 70mmF2.8 DG MACRO + KENKO EXTENSION TUBE 36mm & 12mm

St_lens_003

にょきにょきにょき

EF100mmF2.8L MACRO + KENKO EXTENSION TUBE 36mm & 25mm

100mmには手ぶれ補正が付いているとはいえ、さすがに手持ちは辛いです。それにどのレンズでも撮影画角は変わらないので、そうなるとコンパクトな50mmマクロが有利。

St_lens_004

マイクロフォーサーズだと、DG MACRO-ELMARIT 45mmF2.8 との組み合わせが小さくて良いのですが、3Dレンズの左右の分離が少し足りないです(3Dレンズは前玉ぎりぎりの位置にあります)。このレンズ用のテレコンがあればいいのにと思いますね。

St_lens_005

ちなみにフルサイズだとこうでして(^^; 100mmマクロでも追いつきません。テレコンバーターをかませてあります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おことわり

当ブログのデザインを別のものに変えました。それに伴い、サンデーさん考案の3Dレンズについての記述をブログトップに置きました。

今まで3Dレンズ関連のエントリでは、3Dレンズに関する説明を冒頭に入れてきましたが、今後の3Dレンズ関連のエントリでは、ブログ冒頭の記述でそれに代えさせて頂きたいと思います。

今後も3Dレンズに関するエントリや3Dレンズで撮影した画像のアップなどあると思いますが、そのアイディアの大元はサンデーさんによるものであることを、ここに明記しておきます。

今後も宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3Dレンズ試行錯誤(13)

※ここに登場する『3Dレンズ』については、ブログ『3D camera』製作者のサンデーさんのアイディアを基にしており、その権利等はサンデーさんに帰属するものです。このエントリは、サンデーさんの許可を得て作成しました。

そろそろ試行錯誤でもなくなってきました…(^^; 具体的な撮影例を示します。今回の画像は『ステレオフォトメーカー』で位置調整をしてあります。

Hofigure_2

手持ちのレンズで一番寄ったのがこの画像です。これ以上寄るとレンズが被写体にぶつかると思われます。画像のHOスケールの人形の、頭の先から上着の下端までは、およそ1cmです。

ということは、左右の画像を合わせると、フォーサーズかシグマのイメージセンサーサイズに近いということですね。

Conure_001

カゴの中にいるインコのアップ。動きが速いのでストロボで写し止めました。至近距離・動体・ストロボ同調と、カメラ2台並べてとかでは撮りにくい種類の写真ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3Dレンズ試行錯誤(12)

※ここに登場する『3Dレンズ』については、ブログ『3D camera』製作者のサンデーさんのアイディアを基にしており、その権利等はサンデーさんに帰属するものです。このエントリは、サンデーさんの許可を得て作成しました。

サンデー式3Dレンズでは、3Dレンズの前にコンバージョンレンズを重ね付けすることが出来ます。今回の試作で基本画質が上がったので、重ね付けによる画質低下は、まあ許容範囲かな、というところまでにはなりました。

Bc3_03

お手軽虫の目レンズ『魚露目8号』を付けてみました。近寄り過ぎて機首にレンズの影が…(^^; 以前の3Dレンズでは位置合わせが上手くいかなかったのですが、今回は大丈夫なようです。色収差は出ていますが、3Dレンズ側のものではなく、魚露目8号に由来するもののようです。

Bc3_04

3Dレンズだけだとこのような写りです。望遠ぽいですね。

これほど極端ではありませんが、ビデオ用のワイドコンバーターなどを付けて、元よりは広めの範囲を撮影したり出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の桜

L1000378

天気が悪いのでいまひとつ冴えず、と言い訳。

Leica M8 Voigtlander Ultron 28mmF2 開放

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »