« 3Dレンズ試行錯誤(6) | トップページ | 3Dレンズ試行錯誤(8) »

3Dレンズ試行錯誤(7)

※ここに登場する『3Dレンズ』については、ブログ『3D camera』製作者のサンデーさんのアイディアを基にしており、その権利等はサンデーさんに帰属するものです。このエントリは、サンデーさんの許可を得て作成しました。

3d_027

いろんなレンズを削ってお試しです。少しずつ画質は上がっているのかな~と思ってみたり。

3d_028

一方これはツァイスのプリズムを使って撮った画像。見比べて、画質の違いに涙するのであった(^^;

3d_029

しかし3Dレンズならここまで寄れます。ステレオベースの長さの関係上、プリズムでは不可能なのです。サンデーさんの3Dレンズとカメラに比べると、画角は狭く被写界深度も浅いですが、これは魅力です。

3Dレンズの前にコンバーターレンズを付けるのは、こちらでも可能ですね。

今のところF8の壁を破れないのが辛いところです。

【2009.11.11追記】

F8の壁は単レンズで画像を生成する以上、イメージセンサーの大きなカメラでは仕方のないところかもしれません。

3d_030

新しく試してみたレンズはマイクロフォーサーズのカメラでも上の画像くらいの写りになるので(バッカスIII世号機体上部のパラボラ状のパーツの直径は3mm程です)、本格的にまとめてみようかと考えています。

|

« 3Dレンズ試行錯誤(6) | トップページ | 3Dレンズ試行錯誤(8) »

ステレオ写真」カテゴリの記事

コメント

きてますねー!
ボケ味をある程度F値でコントロールできるのは魅力です。
しかしツァイス改めて凄いな。

投稿: おっと | 2009年11月11日 (水) 19時16分

>しかしツァイス改めて凄いな。

標準レンズの最短撮影距離位までの画質はツァイスのプリズムの方がいいですね。でもそれ以上寄ると、3Dレンズとあまり変わらなくなります。

投稿: もへ | 2009年11月22日 (日) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175701/46704385

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dレンズ試行錯誤(7):

« 3Dレンズ試行錯誤(6) | トップページ | 3Dレンズ試行錯誤(8) »