« 3Dレンズ試行錯誤(5) | トップページ | 3Dレンズ試行錯誤(7) »

3Dレンズ試行錯誤(6)

※ここに登場する『3Dレンズ』については、ブログ『3D camera』製作者のサンデーさんのアイディアを基にしており、その権利等はサンデーさんに帰属するものです。このエントリは、サンデーさんの許可を得て作成しました。

3d_019

焦点距離マイナス25mm、直径16mm、マルチコートの凹メニスカスレンズを見つけたので、2枚を削って並べました。今までの3Dレンズモドキの焦点距離がマイナス35mm程なので、それより10mmも近くで結像するレンズは、思った以上に手強かったです。フォーサーズのマクロ35mmとOMズイコー28mmは、クローズアップレンズの力を借りないとダメな感じ。EOSの50mmマクロは何とかなりましたが、3Dレンズはフィルター枠より沈める必要がありました。

3d_020

どーん。

3Dレンズを蹴られずに結像させるには、長さ25mmの接写リングを追加する必要がありました。どんどん見た目が暴力的になります(^^;

3d_021

撮影結果はこの通りです。色収差は、レンズ付きフィルムのファインダーレンズよりは少ないですね。

3d_022

お馴染みバッカスIII世号。画角は3Dレンズモドキとあまり変わらないみたいです。それなら焦点距離が長めの凹レンズを使う方が、レンズ選びの自由度が大きいかな?

3d_023

この方式だと3Dレンズの前にワイコンなども付けられるので、思い切って、魚眼で虫の目レンズ風の画面が得られるアタッチメントレンズ、魚露目8号を装着してみました。

3d_024

ぬーん。

ますます怪しい感じになりました(^^;

3d_025

バッカスIII世号も速そうに見えます。背景もいっぱい入り込んでますね。

3d_026

レンズ先端の影も入ります(^^;

これでまた試行錯誤しつつ、以前の感覚で使える、もう少し遠目の位置に虚像を作るレンズも試してみようと思います(てか加工中に一枚割ったので予備の到着待ち(^^;)。

|

« 3Dレンズ試行錯誤(5) | トップページ | 3Dレンズ試行錯誤(7) »

ステレオ写真」カテゴリの記事

コメント

進化はパーフェクトです。
レンズを割るリスク無くしては出来ないことだったでしょう。
まさに試行錯誤の連続、ご苦労様。
理論ばかりを言ってる人には絶対に得られない「光る石」です。

投稿: サンデー | 2009年10月24日 (土) 08時40分

サンデーさん、心強いお言葉、ありがとうございます。色々やっていくうちに分かったことや、ますます不思議なことが出てきます。そして一番に感じるのは、元のアイディアのシンプルな強さです。

この一連のエントリも、レンズ交換式一眼レフなどのカメラで3Dレンズの装着を実現するためにしなければならないことやレンズ選定についてかなり見えてきたと考えます。後はレンズ買ってきて削っての繰り返しになると思われますので、試行錯誤とその考察についてはこのエントリで終了したいと考えています。この後は完成品の提示と、楽しい作例画像や映像の紹介でしょうか(笑)

それにしても、フォーサーズ用のエクステンションチューブやテレコンは、メーカーが2段以上重ねて使うことを推奨していないのですが、だからといってマイクロフォーサーズのカメラに付ける(フォーサーズ-マイクロフォーサーズアダプターと合わせると、元が一個だけでも2段重ね)と、ピント合わせや絞り操作が不可能になるのみならず、画像が出なくなるのは勘弁して欲しいです(^^;

投稿: もへ | 2009年10月25日 (日) 00時55分

いやー、いろんな意味でスゴイです。
これからも、楽しみ。

投稿: おっと | 2009年10月25日 (日) 19時49分

おっとさんの書き込みのおかげで、自分で3Dレンズの実験をしてみようかという気になりました。感謝しています。

3Dレンズの画角は左右のセパレーションの大小が決め手になりそうですが、被写界深度の深さに関しては、サンデーさんのカメラがコンパクトデジカメ(ムービー)であることが大きな要素になっているようです。撮影用レンズの被写界深度や最短撮影距離が、そのままではないにしろ反映されるようで、イメージセンサーの大きな一眼レフなどは、若干不利な面があると思います。

一眼レフなどでこの3Dレンズを使う場合、少なくともフォーサーズで等倍、35mmフルサイズで2倍程度の倍率で撮影できるシステムにしなければならないと思います。私の場合、現状の所有システムで試作するしかないので、出来上がったものに汎用性があるかどうかは、試してみないとわからないですね。

ただ現状のレンズ交換式デジカメでは、キヤノンEOS5DmarkII・EOS7D、パナソニックDMC-GH1の3機種のみがフルHD動画の記録が可能で、幸いなことにそのうちの2機種を所有していますから、ここを中心に攻めていけばいいかという気もします。

実際にレンズを削り始めると、この3Dレンズはサンデーさんのノウハウの塊で、端で見てワイワイ言う分のはともかく、自分の削った試作品を前にしての突っ込んだ考察を公にするのは、それが正しいか否かにかかわらず、サンデーさんの知的所有権を侵す可能性が出てきました。

一応御本人に許可を頂いて始めたエントリですが、前のコメントにも書いたとおり、この後は出来上がりの結果を紹介するのみに留めたいと思います。

投稿: もへ | 2009年10月25日 (日) 23時14分

>ただ現状のレンズ交換式デジカメでは、キヤノンEOS5DmarkII・EOS7D、パナソニックDMC-GH1の3機種のみがフルHD動画の記録が可能で、

あ、EOS-1D Mark IV忘れてた。まだ発売前だからいいか(^^;

投稿: もへ | 2009年10月26日 (月) 01時38分

一番凄いなーと思うのは、その辺の判断も含めた、正しく明晰な進め方です。自分に足りない要素ですね(笑)なんだか訳の分からないものに飲み込まれ易い自分って、、、まあしょうがないかな?

投稿: おっと | 2009年10月26日 (月) 02時42分

サンデーです、
もへさんのこのブログで見られる様な、好奇心を探究心に代え、更に実際に体当たりして追求をするという態度は立派です。 違った眼、違った洞察力でこの3Dレンズを3次元的に見つめて頂いたことは私にとって大いに勉強になりました。
それと、おっとさんが3Dレンズにワイコンを付けることで画角を変えることが出来ることを発見されたことも大事件でした。 私はそれまで、ワイコン装着は弊害があって不可、と確信を持っていました。

これからも、研究をがんばって下さい。

投稿: サンデー | 2009年10月31日 (土) 16時36分

コメントありがとうございます。

サンデーさんやおっとさんをはじめとする皆さんのブログなどでのやり取りが、化学反応を起こすようにいろいろな形に結実していくさまは、拝見していてとてもためになります。自分のやっていることは、若干違う方向を向いているのかもしれませんが、これはこれなりに面白いので突き詰めていこうと思っています。

ネット上でのやり取りが、思いもよらない成果を生み出しているのは面白いことですが、恐いところもありますね。私はサンデーさんのブログと、おっとさんをはじめとする方々のブログや掲示板でのやり取りやYouTubeにアップされた動画を参考に3Dレンズの実験を始めたわけですが、とりあえずの試作をするには充分な情報量だったわけです。

この情報量でも使い方によっては個人のアイディアが容易に拡散したり盗用されることにもなりかねないわけですから、アイディアの利用と情報発信については相当慎重にならないといけないのだと実感しました。

この3Dレンズのアイディアとその権利はサンデーさんの元にあります。そのことを忘れないようにしなければいけませんね。

投稿: もへ | 2009年10月31日 (土) 21時14分

もうすでに、勝手に始めてる人もいるようですね。悲しいかな公開した以上それはやむおえない事なのかもしれません。
それでも私は新しい発見を求めて、情報を発信する方が好きです。そのほうが断然面白いし、名前は残らなくても自分の遺伝子を残せる気がしますからね。

投稿: おっと | 2009年11月 6日 (金) 00時39分

これは個人利用の範疇なら仕方ないですよね。私もサンデーさんのネットで公開された情報に基づいてやっているわけですし。

ただ、ブログなどで公開するのは注意深くするに越したことはないかな、と思います。

知的所有権云々に関してですが、手っ取り早く言ってしまうと、サンデーさんの特許を侵害することになるよ、ということです。

パブリックドメインのアイディアでないことを、利用する側は(私も含めて)肝に銘じておかないといけないでしょう。

それはさて置き、今はいろんなレンズを比較しているところですが、予想と違うことが起きたりして面白いです。とりあえず解っているのは、レンズ付きフィルムのファインダーレンズでは実用にならないということですね(笑) ツァイスのステレオプリズムは越えたいと思っています。

投稿: もへ | 2009年11月 6日 (金) 13時23分

サンデーです、
新発明というのが言葉の通りになるには世間にそれを認めてもらう必要があります。
この3Dレンズも私が発案してから15年後の今インターネットという巨大情報ネットが出現したことでやっと世間に向け発信出来ました。
その発信の仕方については様々検討しながら段階的にやってきて今の状況なのですが、他により良い方法があったとは思えません。 この3Dレンズのようにごく限られた人々だけが興味を持つモノを手早く世間に広げようとすること自体が無意味なことなので、先ずは関心を強くもってくれる人々に貸し出しをしたり、自分で作ってみようか、という方には積極的に応援をしました。 これにより、これまで私1人がやっていた15年と、何人かの方がこの3Dレンズのことを知った最近1年とでは状況が少なからず違ってきました。 今後は連鎖的に多くの方々に知って頂けることを願っています。 この3Dレンズを知って、見て、認めた先には巨大な可能性が見えて来るでしょう。 これまで私の力だけでは巨大な組織を相手にその可能性をアピールすることは不可能でしたが、近い将来向こうからお願いにやって来るのではないか、と考えています。

投稿: サンデー | 2009年11月 7日 (土) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175701/46566416

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dレンズ試行錯誤(6):

« 3Dレンズ試行錯誤(5) | トップページ | 3Dレンズ試行錯誤(7) »