« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

ランダムドット・ステレオグラムではないけど

080528_02_p

080528_03_p

立体視してびっくりしてもらうのが目的の画像(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過剰

IXY 10ステレオカメラの現在の姿。

Ixy10_stereo_02

なんだか存在感が過剰です(^^;

SDMにより、リコーのデジカメ用リモコンCA-1を改造したものが使えるので試してみました。普通の押しボタンスイッチより便利です。ただ、オリジナルのコードの長さを生かしたのですが、ご覧のように長過ぎたようです。

カメラの下から伸びているグリップがなければ見た目はかなりすっきりするのですが、これが意外なほど持ちやすくなるんで手放せずにいます。

しかし上の画像、左右から蛍光灯を当てて撮影したのですが、左右の色温度が見事に違いますね。画面の右側が青くて、左側が緑になっています(^^;

【追記】

このエントリをアップした直後、ふと思いつきました。

Ixy10_stereo_03

より過剰に(^^;

構えてみると、液晶画面を眺めての手持ち撮影では、この形が腕に一番負担が掛からないのですね~。スマートなステレオカメラを目指してたのに、困ったもんです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ステップダウンリング

ツァイスイエナのステレオアダプターの裏側には、30.5mmと40.5mm径のネジが切られています。完全な製品では40.5mmのネジの方に、49mm-40.5mmのステップダウンリングが付いています。

私が買ったアダプターはステップダウンリングが失われていました。買った当時には、フィルターの大手メーカーのケンコーやマルミなどからは、40.5mmへのステップダウンリングは販売されていなかったので、丁度良くアダプターのお尻にはまった49mm-55mmのステップアップリングを、リングとアダプターにネジを切って取り付けました。

Prism04

これでも実用上問題はありませんでした。が、この間何の気なしに『40.5mm ステップダウンリング』で検索をかけると、なんとそのものを売っているところがありました。

八仙堂』という、Yahoo!ショッピング内にあるお店で、49mm・52mm・55mmから40.5mmへのステップダウンリングを売っています。このお店は以前から、マウントアダプターなどのカメラアクセサリーをヤフオクで売っていましたから、もしかしたら真面目に探せばもっと前に手に入れられたかもなどと思いつつ、49mmと52mmのステップダウンリングを買いました(もちろん通販)。

Prism09

なんか黒っぽくて良く分かりませんが(^^; ステップアップリングを外した跡にちゃんと取り付けられました。中国製なのかな、これ。

Prism10

レンズにもちゃんと付きました。

Prism11

リングを52mm-40.5mmのものに変え、ペンタックスの18mm-55mmのズームレンズにも付けて見ました。レンズ性能としては35mmマクロの方が上ですが、アダプター使用のステレオ写真撮影の場合、ズームレンズは左右の画像の位置を撮影距離に応じて微調整できるので便利です。

このレンズはフィルターサイズが52mmと、最近のズームレンズにしては小さいためか、アダプターによる画面のケラレがワイド端以外ではほとんど生じません(ステレオアダプター使用の実用域では全く問題ない)。ピント調節も、廉価版のズームレンズにありがちな前玉回転ではなく直進式なので、ピント合わせでアダプターが回ってしまうというようなこともありません。流石はステレオアダプターを現役商品として販売しているペンタックス、廉価版のズームでも抜かりはありません(笑)

Prism03

ちなみに完全な製品では、この画像のようなステップダウンリングが付きます。

Prism05

2個持っとるんかい! 

…すいません、キャップも付いてます(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイフォト追加

このブログの左側に表示されている『マイフォト』に、ステレオ写真のアルバムを3つ追加しました。それぞれ『アナグリフ』『交差法』『平行法』となっています。画像の内容は3つとも同じです。鑑賞方法の違いで分けてあります。

とりあえず、一眼レフに近距離用ステレオプリズムを付けて撮影した、模型機関車の画像をアップしました。Zゲージという、とても小さなサイズの模型です。画像の機関車の全長は7~8cmしかありません。(平行法による画像。クリックすると拡大します)

Zgauge03a

実際は縦長の画面ですが、かなりトリミングしました。

K200d

今回はペンタックスK200Dに35mmマクロという組み合わせで撮影しました。最短撮影距離までヘリコイドを繰り出すと、ステレオプリズムの中にピントが合います(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »