« EOS5Dに近距離用ステレオアダプター | トップページ | 歪曲収差 »

R-D1sに…

ステレオアダプターを付けてみました(^^;

P7101892_1

レンジファインダーカメラの距離計連動は最短70cmですので、近距離用ではなく通常撮影用のアダプターを装着しました。

ステレオアダプターは50mmレンズ用に作られていますが、このカメラではイメージセンササイズの関係で35mmカメラより同一焦点距離で画角が狭くなるので、35mmレンズに付けて使用します。なんとなく垢抜けない感じに統一のとれたデザインですねぇ。

一応ちゃんとステレオペアの画像を記録できます。撮影中にファインダーでどう写るか確認は出来ないので、勘で写すしかありませんね。

006_2

あまりステレオ写真として良い作例ではありませんが、家のベランダからの眺めです。

Epsn1053

前回に続き、アナグリフ画像も貼っておきます。

ファインダーさえなんとかなれば、意外と軽快に撮影できそうな気がします。

|

« EOS5Dに近距離用ステレオアダプター | トップページ | 歪曲収差 »

ステレオ写真」カテゴリの記事

コメント

電柱がすごく立体感を強調してくれてますね。
やっぱりステレオ写真は、被写体も選ぶのですね。

ちなみに私は、一度、アオリレンズを使ってみたいと思ってます。
最近、あれを使ったミニチュアっぽい写真が流行ってますし。
もしかして、お持ちだったりします?

投稿: MacBS | 2006年7月10日 (月) 21時47分

MacBSさん、書き込みありがとうございます。

ステレオ写真では、普通の写真での立体感を感じさせる構図よりは、前後に物がごちゃごちゃ重なっていて何だか良く分からないといった感じの方が向いているようです。写真的には良くないとも言え、そのあたりの落としどころを考えなければいけないでしょうね。

アオリレンズ、あればいいですね。キヤノンのだとシフトもティルトも出来るので、表現力が高そうです。シフト機能を使って2度撮りのステレオ写真も作れます。

ティルトの機能を使って風景の一部だけにピントを合わせ、ミニチュアっぽく表現する方法は、いい具合の俯瞰の写真が撮れる場所を探すのが一番の勘所のような気がしますね(^^;

投稿: もへ | 2006年7月10日 (月) 23時18分

フォクトレンダーの75mmファインダーを横倒しに使えば、フレーミングできそうな気がします。

投稿: もへ | 2006年7月11日 (火) 05時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175701/10864877

この記事へのトラックバック一覧です: R-D1sに…:

« EOS5Dに近距離用ステレオアダプター | トップページ | 歪曲収差 »