« 晴れ間 | トップページ | レンジファインダーで望遠レンズ »

思い出の一眼レフ

初めて使った一眼レフは、OLYMPUS OM-1n(ニューオーエムワンと読む)でした。少し前懐かしくてまた入手したものの、結構くたびれていたので即修理屋さん送りにしてしまいました。今日戻ってきたのでお披露目。

Om1n

幸いにもファインダー系に問題がなかったので、普通の点検整備で済みました(モルトはベタベタでしたが)。デジカメ画像だときれいに見えますが、見た目はそれなりです。

OM-1をさわったことのある人なら、ファインダー接眼部の様子が普通と違うのにお気付きと思います。純正の視度補正レンズが手に入らないので、PENTAXの視度補正レンズのアダプターを引っ掛けています。昔は視度補正レンズなしで大丈夫だったんですが、どんどん目が悪くなっているようで、眼鏡使用でもマイナス2か3位にしないとファインダー像が良く見えません(^^;

この機体はボディ前面に『MD』と書かれたワッペンが貼ってある、海外仕様のOM-1nです。モータードライブ装着可ということですが、国内仕様のものにはこのワッペンは貼られていません。『n』の前の『OM-1 MD』は軍艦部の『OM-1』ロゴと『MD』ワッペンの組み合わせだったと思いますが…。

そういえばOM-1(発売初期はM-1。ライツのクレームでオリンパスのOを付けた)のMって、設計者の米谷美久氏のイニシャルなんですね。カメラの開発責任者(それもメーカーの社員)の名前が付いているカメラって、なんか凄い(^^;

早く試し撮りしないとな~。

|

« 晴れ間 | トップページ | レンジファインダーで望遠レンズ »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175701/10625258

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の一眼レフ:

« 晴れ間 | トップページ | レンジファインダーで望遠レンズ »